あなたは自分の失敗に許可を出せますか?

あなたは自分の失敗に許可を出せますか?

失敗や過ちを許さない環境

私は
奈良県奈良市の
どちらかというと旧家といわれる環境で、
生まれ育ってきました。


住んでいる近所の環境は
「近所の●●さんが▼▼なんですって」とか、

「ちょっとあの人派手ですわね」とか、
 「人のことより、自分のこと研鑽しろよ!」
と思うぐらい、
とにかく噂好き! (でもこれは奈良県奈良市の問題ではなさそう?)

母からは
「悪いことでは目立たないようにしてほしい」
「不良にはならないでほしい。」
「問題を起こさない、過ちをおこさない子がいい子」
近所の人に何を言われるかわからないから…

小さいときの環境とはとにかく
失敗や過ちは、

「かっこ悪い」「やってはいけないこと」「恥ずかしいこと」
という図が無意識のうちに
考えの中にしみ込んでしまっていたようです。

生まれて育った環境は社会人になっても影響する?

ですから、会社人生もできるだけ失敗をしないように
成功するには失敗しない無難な道をという感じで
生きてきたような気がします。

でも実際に世の中はそんな簡単ではないですが…

そこでもう1回聞きます。「あなたは失敗に許可を出せますか?」

今の私が言えるのは答えは
Yesです。
だって、
「失敗は学びであり、成功の母ですから!」

ポイントは
3つあります。
① 失敗とできないは違う
② 失敗した原因を内省することでどんどん進歩はしていくから
③ 失敗した人間ほど成功している

失敗≠ できない、できなかった真因を見つめなおす、次のアクションが大事!

今日は、①~③についてお話します。
おそらく失敗したら、
皆できないことと
同義にとっている人が多いですが

本当ですか?

それは誤った考え方ですね。
失敗=いったんはできなかったこと、
でも工夫次第でできるようになる

ですよね。

できなかったところは今後はできる可能性は十分にあるのです。
そこには、なぜできなかったのかの真因を突き詰め、
何をやればよかったのか?という内省をすれば
次は必ずできるようになるということですよね。

成功している人はみんな失敗している

あのイチローだって3割バッターであり、7割近くは失敗しているんです。
なんとあの発明王のエジソンは
「私は失敗したことがない。
ただ、1万回のうまくいかない方法を
見つけただけだ」とおっしゃっておられ、
成功者になっておられるじゃないですか?
あのユニクロの柳井さんだって、
自分のビジネスは「一勝九敗」っておっしゃっておられますよね?

この成功されている方に、「お前は失敗したから、許さない」って言えますか?
いえないですよね。

大事なのは、失敗しても
自分を認める(大門未知子のように「私、失敗しないので」でいいんじゃないですか?)、
鈍感力を働かせ、
小さな努力を積み重ねること
です。
皆さんの前には、必ず成功の道しかありません。

そんなところで今日は
楽しみながら書いてしまいましたが、

ご笑読いただければ幸いです。
ありがとうございました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

無料メールセミナー配信ご希望の方に

日頃のちょっとした気づき、
今までの経験等からくる知見をもとに付加価値のあるトピックを厳選し、
ポジティブなエネルギーを手渡せる無料メールセミナーにしていきます。

↓ ↓ ↓

無料メールセミナー登録