「7つの習慣」はもう古いのか?

「7つの習慣」はもう古いのか?

「7つの習慣」が古い説が出ているが、本当なのか?
少し、自分なりに解釈してみた。
もし、違う意見があれば、ご教授を。。。

事実として
「7つの習慣」は長編大作であり、長い。
「7つの習慣」には難解な言語が使われている。
「7つの習慣」に使われている例は少し古い。
とはいえ、「7つの習慣」があらゆる研修で使われている(特に第一領域、第二領域等)。
色々なマインドセットは、「7つの習慣」の考えがベースになっている。

解釈として
長編大作でたいそうのでもっと平易な言葉にして受け入れやすくすることが重要。
使われている例をもっと最近の話題にかえてみれば受容度はあがる。
原理原則は同じである。

だから、
平易に書かれたマンガ版やティーンズを読んでみる。
解釈されている人に講演してもらう。
具体例をもっと卑近な現代バージョンにする。

要は、結論としては、「7つの習慣」は現代版いトピックをあてはめてわかりやすくすれば、やはり原理原則である。
なぜならば、
① 簡単かつみんなが欲しい形の言葉に置き換える
② 身近な経験を当てはめる
③ ①②があれば、もっと講演でそのまま使われる
からということかなと考えました。

こんなことを考えているのは私だけでしょうか?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

無料メールセミナー配信ご希望の方に

日頃のちょっとした気づき、
今までの経験等からくる知見をもとに付加価値のあるトピックを厳選し、
ポジティブなエネルギーを手渡せる無料メールセミナーにしていきます。

↓ ↓ ↓

無料メールセミナー登録